リフォーム会社に依頼をしてくる人

31-10

取り分け殊更木造住宅だった場合には、根太という下地材が使用されていますが、そもそも畳というのは強度がありますので、根太が現状のままではフローリングに適しているとは言えなく、そのような場合には根太を303mm前後に動かさなければいけません。リフォーム会社に依頼をしてくる人の中には、和室を洋室にリフォームしたいという相談が素敵あるようです。

それは畳の上にフローリングマットを敷くだけといった簡単プチリフォームです。和室というのは確かに居心地がよく、日本の分化として非常に素晴らしい空間なのですが、最近では時代も変わりつつあり、和室の需要が徐々に減りつつあります。

断熱材を使用することなくフローリングにリフォームをすることは出来るのですが、それでは中途半端であり、快適な居住空間にすることは出来ません。ですのでこの時に新たに断熱材を設置する必要が出てきます。

最近新築をする方の多くは、和室を設けず全室洋室なんてこともよくあるのです。夏は暑く、冬は寒夜といった最悪の生活環境になってしまうのです。

ちょっぴり前に建てられた住宅はというのは、断熱材が一階の和室に使用されていたこともあります。リフォーム会社に依頼をすることなく、DIY感覚で和室を洋室に変えることも可能です。

リフォームで和室から洋室にしようとご検討されている人の理由はいろいろとあり、生活スタイルの変化、また車椅子の生活をすることになったなどがあります。力の病弱女性でも簡単にリフォームをすることが出来ます。

しかしそれだけの作業では不十分となります。断然フローリングにする場合にこの断熱材が必要となってきます。

本格的に洋室に変える時には、畳を剥がして、フローリング材を敷くだけではいけません。